二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「日本人に使わせる割り箸はねぇっ!」

ここまで“足元”見られてバカにされて、よくよく日本人もお人好しだわ。

先週だったか、テレビ東京の『WBS』で特集をやっていたと記憶しているのだけれど、実は、中国国内での割り箸消費がめちゃくちゃ増えてるという事情もあるらしい。「安く買いたたかれる日本に送るより、国内で使ってもらった方が付加価値が高くなる」とでもいうのだろうか?

コンビニの割りばし有料化も? 中国が急激な値上げ
 〔アサヒコム 2006年06月19日〕
 「日本割箸輸入協会」(大阪市)によると、中国側は(1)シラカバなど原木の値上がり(2)人民元切り上げ(3)付加価値税の還付停止(4)原油価格上昇に伴うコスト増――などを理由に、当初は昨年12月1日から30%、今年3月1日から20%の値上げを通知。12月の30%上げは実施されたものの、残り20%分は市場の混乱を避けるため、当面延期されている状態という。
「森林伐採が進んで山林が荒廃している」というような、「自然破壊」の問題を出せば、そういうテーマには敏感な日本人がビビると考えてるんじゃないのか?

そもそも、日本国内で、戦後に植林した人工林の手入れが行き届かず、間伐材が出ないので、それを原料にした割り箸の供給量が激減し、林業家も収入が減って、人手が減って、ますます山林の手入れがおろそかになり・・・「いまさらもう一度と頼まれても、割り箸を作る人手(技術)も材料も、機械も無いよ」というのが現状らしい。

おまけに、「使い捨ての割り箸は環境破壊の代表」と悪者にされてきたこともある。「じゃあ、中国の木なら、日本の環境は破壊されないよね」とやってきたところが、そのロジックを、今度は中国がそっくりそのままパクって、脅しに使ってるというワケ(苦笑)


新潮社の月刊『フォーサイト』7月号には、もっと恐ろしい話があった。
トヨタ、ホンダ、日産、スズキの自動車メーカーが、上海や北京からうまいこと締め出されて、GMやVW、さらに韓国の現代などの後塵を拝しているという。
「天下三分の計」ならぬ、「日本車メーカー四分の計」にハメられて、もがいているらしい。

おまけに、系列の部品メーカーを引き連れて進出していることが裏目に出て、結果的に中国の地場自動車メーカーを潤すことになっているとか。

こんな屈辱的な戦略にハメられてバカを見てる人たちに、「首相になった人は靖国に参拝すべきではない」って、言わせてて良いのか?


a0037706_0395311.gif 「ブログランキング」
 
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-06-19 23:55 | 外交・国際問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite