二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「45例目肺移植で、レシピエントが重篤な状態に」


やりきれませんね・・・。
「移植しか、寿命を伸ばす道は無い」という医師の見立てを信じて臓器移植を受けた方が、その移植手術で「重篤な状態」になってしまうというのは・・・。

岡山大で肺移植の女性、重篤な状態に
 〔読売新聞 2006年5月26日〕
 金沢大病院で脳死と判定された男性から摘出された臓器の移植手術が26日、東大や岡山大などで行われたが、岡山大の肺移植では、40歳代の女性患者に移植された左右の肺周辺からの出血が止まらず、ほとんど機能しない状態となった。
 女性に人工心肺を取り付け、開始から約11時間20分後に手術を終了したが、重篤な状態だという。
京都大学病院でも、昨年3月に肺移植を受けたレシピエントが死亡、今年3月に移植を受けたレシピエントも意識不明の状態が続いていると5月初めに発表があったばかり(※)。
 ※京大、肺移植を当面自粛〔アサヒコム 5月2日〕

また、米・アリゾナの病院で、5臓器同時移植を受けた女の子も、闘病の甲斐なく今月半ばに亡くなって、ご両親が帰国したばかり

ほんとうに、「臓器移植」が、医療の最先端技術であり、人類の未来を幸福にする医療手段なのかどうか・・・少し冷静になって考えるべきなのかもしれないと思う。


a0037706_15571891.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-05-27 14:43 | 医療/生命倫理
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite