二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「美術館って、けっこう人が集まるんですね」


今日は、娘といっしょに、大阪万博跡地から2004年11月に中之島に移転してきた、国立国際美術館へ「プーシキン美術館展」を見に行ってきました。

明日で終わるというので、午後3時前には、入り口前にものすごく長い行列ができていてびっくりしました。「こんなに“美術展”の好きな人が日本にいるなんて」と。
 ※大阪のプーシキン美術館展閉幕 71日間に25万人入場
 〔アサヒコム 2006年4月2日〕

実を言うと、美術館なんて、ほんとに20年ぶりくらいで(苦笑)、最後に行ったのは、東京の国立近代美術館だったかなぁ・・・。東山魁夷氏の絵が好きで、文庫版の画集を持っていたのですが、大きな原画の前に立った時は、感動して涙がでちゃいました。

今日の「プーシキン」の方は、わりと小さめの画が多くて、みなさん、絵から50㎝くらいの場所に張りつくようにして見ているので、なかなかじっくりと拝見できませんでした。春休み中なんで、子どもも多かったですが、背が低いから見えにくかったでしょうね。

それにしても多いのは年配のオバチャンたちご婦人たちでして、関連のグッズ売り場でも、自分のお目当ての品をゲットしようと、他の人を掻き分けながら買い込んでましたね(苦笑) 儲かってるんだろうなあ。



ピカソやマチスの小さい模写作品が5万~8万円くらいするんですが、「売り切れ御免」状態のものもけっこう多かったです。
ついでに、ロシアの民芸品とかもあったし。

この美術館のすぐ隣に、大阪市立科学館がありまして、プラネタリウムや、巨大スクリーンに雄大な景色などを映し出す「オムニマックス」があるんですが、中学生以下ならタダで遊べる「科学展示館」がありまして、発電や物理などの実験が体験できるので、子どもは好きですね。目の前で科学実験を披露してくれる「サイエンスショー」もやってたりします。

美術館ができる前は、駐車場がいつもいっぱいだったんですが、すぐ隣に広い「Times」の駐車場ができまして、料金も安いし、美術館や科学館に行くと割引扱いになりますし、便利になりました。

これからちょっと、美術館にハマりそうです(^_^)


a0037706_1515542.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-04-01 23:58 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite