二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「問題教員ばかりでは無いと信じたいけど・・・」


年度末の人事異動がらみで出てきた情報なんでしょうが、こんなのごく一部ではないのでしょうか? 「先生だって人間だし・・・」という意見もときどき見かけますが、若年者を指導する立場に立つ使命感や能力が無い人が、先生をやってはいけないのでは?

生徒にわいせつ 中学教諭懲戒免 山形県教委
教員2人を懲戒免職 わいせつ、飲酒運転 熊本県教委
飲酒運転や盗み教員4人懲戒免 青森県教委
教え子にメール9百通「愛しています」 教諭を懲戒免職(神奈川県)
 保護者からの連絡で発覚したが、教諭が休職したため、調査が遅れたという。県教委は「2人で食事に行ったことはあるようだが、教諭は恋愛感情は否定している」と説明している。




最後の「メール教師」なんて、「恋愛感情」がなくてやってるんなら、単なるストーカーでしょう。「青少年保護条例」とか「迷惑行為防止条例」とかでも罰することができるのでは?

児童・生徒本人(とその保護者)が訴えて騒がない限り、問題が表面化しないような閉鎖的な組織体制は、問題アリだと思います。


もう一つ、大阪の話ですが、「常勤講師」「非常勤講師」の登録手続きのために、たくさんの人(教員免許を持った人)が役所に行列をつくっている、というのです。
「安上がり」の教育でいいの?~講師依存
 〔産経新聞 2006年3月29日(大阪)〕
「教員採用試験は、公務員になるためのもの。公務員をたくさん採用すると、将来子供の数が減ったときに、先生が余って困るから(講師で採用する)」という文科省の言い分には「?」です。


a0037706_171044.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-03-30 17:10 | 子育て/教育
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite