二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「“ゆとり”は続行・・・でしたか(T_T)」


そうですか。「ゆとり教育」はこのまま続行ですか。子どもの「教育費」への支出は、減らせないということですね(T_T)

「ゆとり教育」転換見送り 中教審部会、現行指導要領を堅持
 〔Sankei Web 社会 (02/14 09:15)より〕
 文部科学相の諮問機関、中央教育審議会の教育課程部会は十三日、学習指導要領の見直しに関するこれまでの審議経過報告を了承した。学力低下への国民の不安が高まるなかでの審議だったが、現行の学習指導要領の理念を今後も堅持すると明記、ゆとり教育路線からの抜本的な転換は事実上、見送られた。存廃を含めて見直しが諮問されていた総合学習も今後、改善充実を図る方向で「ゆとり教育」「学力低下」に対する国民の不安を払拭(ふっしょく)するにはほど遠い内容となっている。
「学びのすすめ」を出した遠山敦子氏、中山成彬氏ら、元・文科相の発言なんか、意味無かったわけですね? 文科省の役人は、着々と「一億総アホ化計画」を推進しているのか・・・。



文科省の役人は、「数字」に弱い人が多いらしいけど、理学部出身で数字や論理的思考に強い人もいたのですね。“外”に飛び出してしまわれたのは、残念・・・とも言えない?
    
『ゆとり』教育改革迷走 
 〔東京新聞 2006年3月4日〕
 ――何が「ゆとり」かという言葉の定義もはっきりしませんね。
 「言葉の定義を決めないで議論しているっていうのが根っこの問題。授業時間を増やすのは実はゆとり教育でしょ。だって詰め込まないってことですから。ところが二十四時間の中で学校教育にかかわる時間を減らすのもゆとりだって言う。私が二つ目の定義を知ったのは去年です。省内にも説明してないから」〔文科省屈指の優秀な官僚といわれながら昨年末に退職した岡本薫・政策研究大学院大教授(50)の言葉〕
いったい、「誰が」動かしてるんでしょうか? 「大臣」の皆さん、官僚のいい加減な仕事を改めてゆけるかどうかは、選挙で選ばれた議員さんたちの力量にかかってるんですから、頼みますよ~。


a0037706_23192628.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-03-05 23:19 | 子育て/教育
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite