二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「え? 私って、“日本で3割”の人間?」


父親譲りで、私の耳アカは「湿型」です。んでもって、それが子どもにも遺伝しました(^^;
どっちの方が“手入れ”に手間がかからないのか、自分では分かりませんが、日本では「10人に3人以下」の割合なんですね。
その「耳アカ」の遺伝子が、化学物質の代謝にも関わっていて、薬剤の処方を決める役に立つのではないか、という研究発表がされたそうです。

耳あか遺伝子:長崎大研究者ら発見 薬処方に役立つ可能性
 〔毎日新聞 2006年1月30日〕
 人間の耳あかが、パサパサした「乾型」か、脂肪分でネットリとした「湿型」かを決める遺伝子を、長崎大の研究者らが見つけた。この遺伝子は、薬剤など化学物質の代謝にかかわっているとみられており、将来的には耳あかの型で薬の適切な使い方を決められる可能性もあるという。29日付の米科学誌「ネイチャー・ジェネティックス」(電子版)に発表した。
でも実は、「湿型」の方が、基本的な遺伝子型で、「乾型」は2万年前くらいに北東アジアで出現した「突然変異」なのだそうです。

 ※下記ブログに、「耳あか」についての詳しい説明があります(^^)
 「耳あかについて考えてみた」〔のりしろと脚注のはざま〕


a0037706_1181799.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-01-30 11:13 | その他もろもろ
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite