二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「そんな判例を出したら、あとで困らない?」


それでなくても、天王寺公園だの大坂城公園だのといった「公共の土地」に青シートを張って、不法に住み着いている人たちに、ご退去を願っても願っても聞き入れてくれず、市も苦労してるのに、こんな“前例”を出してくれたら、青テントを張った場所で住民登録するホームレスが増えるのではないのだろうか?

公園のテントも住所と認定 ホームレス男性勝訴
 〔共同通信 2006年01月27日〕
 大阪市北区の公園でテント生活をしているホームレスの山内勇志さん(55)が、テントの所在地を住所とする転居届を受理しなかった区長の処分は不当として取り消しを求めた訴訟で、大阪地裁は27日、「生活の本拠としての実体がある」として、公園での住民登録を認める判決を言い渡した。
2008年のオリンピック招致のために、一所懸命青テントの撤去を試みたんだけど、オリンピックは北京にかっさらわれたもんで、そのまま立ち消え。簡易宿泊所を作っても、もともと独りで“引きこもりたい”傾向のあるホームレスの人たちが、「大部屋」で寝泊まりできるはずもなく・・・。




他人様の「生き方」に、あれこれと口をはさむつもりはありませんが、普通に暮らしている人たちには、あまり受け入れられる存在ではないことは確かですね。

ホームレス問題って、解決できないものなんでしょうか?

 ※ホームレス:公園への住所転居届認める 大阪地裁
 〔毎日新聞 2006年1月27日〕
 原告の山内勇志さん(55)や支援者らは判決後に会見し「画期的な判決」と評価した。山内さんは「勝てると思っていなかったので驚いている。生活保護を請求しようと思う」と笑顔を見せ、「(大阪市が)大阪城公園の仲間らを追い出そうとしているが、判決が暴力的な追い出しの歯止めになってほしい」と30日の強制撤去中止を訴えた。


 *大阪・扇町公園のテント(産経新聞記事より)
a0037706_21421425.jpg


a0037706_028887.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-01-28 00:30 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite