二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「ライブドア・ショック > マネックス・ショック」


株とかなんとか、ぜんっぜん分からない人間なんですけど、いつもながらあの「地検特捜部」の家宅捜索の「図」は、なんとなくオソロシゲですね。

あの、ゾロゾロの集団がやって来るのを、たくさんのカメラや記者連中が「待ち構えてる」というのも、よく考えたら・・・というか、よく考えなくてもすごくヘンですし。

ホリエモンの手法が「法律すれすれ」とか「法律違反」とか、そういうのも分からないのですが(めちゃくちゃいい加減ですみません)、「清廉潔白」ばかりを求めて、「異質なもの、不純なものは一切その存在を認めない」とやってしまうと、戦中のファッショみたいになってしまいませんかね?

ライブドアの「急成長」を、かつての「リクルート」と比較するような話も出ています。確かに、当時の江副浩正社長は、「法律に反すること」をやり、刑に服しましたが、リクルートという企業自体は、今も一流の部類に入りますし、多くの逸材も生み出してきました。

もちろん、「良貨が悪貨に駆逐され」ては困るので、「悪」は努力して「善」の方へ教化すべきでしょうし、「善」の方も、「悪」の姿に教訓を得てますます知恵を深める必要もあるでしょうが、せっかく「景気が上向いてきた」「株価が上昇してきた」と、希望の光が見えてきた今この時に、なぜこんな「大芝居」を打って社会を混乱させる必要があるのでしょうか?
 ※[焦点]信用取引の投げで連鎖安、東証システム問題も加わり予断許さず
 〔ロイター 2006年 01月 18日 水曜日 13:56 JST〕

「悪いこと」はダメですが、白か黒か?とはっきりさせるよりは、もう少し「グレーゾーン」というか、「異質」や「異端」を許容できる大きな器を持たないと、社会全体がダイナミズムを失ってしまい、衰退に向かう一方ではないか、と心配です。
 ※ライブドア:強制捜査の背景に政治的意図と分析 米紙報道(毎日新聞)
 ※ライブドア強制捜査:「メディア帝国を急襲」と英紙報道(毎日新聞)

<参考ブログ>
 ※「許されざるマネックス証券」 ちょーちょーちょーいい感じ
 ※「株価下がると何がいけないのか」 FIFTH EDITION

 ※マネックス証券CEO社長 松本大氏のコメント
  与謝野金融担当相の発言に関して(2006年1月19日)


a0037706_172818.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2006-01-18 23:59 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite