二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「ネット嫌いのサンケイさん、宗旨変え?」


「ネット情報は信用されてないし選挙に影響無い・・・?!」(補足版)
 〔当ブログ2005年9月2日〕

上記のエントリーに引用した産経新聞の記事では、時野谷浩・東海大教授に「現在では、新聞やテレビなどのマスメディアの方が、ネットよりはるかに影響力が強いというのが定説だ。米国でも日本でも、人々はマスメディアの情報は信用するが、ネットの信用度は極めて低いことが種々の調査で明らかになっている。日本人はとりわけ、マスメディアへの信頼度が高い。」と言わせているんですが、「女系天皇反対」には、ちゃっかり「ネット発言」を利用しています。
 ネットで「皇室典範」「有識者会議」などと検索すると、報告書への批判をつづったブログ(日記風のホームページ)にたどり着く。そこでは小泉首相や有識者会議への怒りや戸惑いで沸き立っている感さえある。
 「ネットに限っていえば、男系維持派の方が圧倒的に優位だ」
 こう話すのは、ネット界のオピニオンリーダーの一人で、衛星放送「日本文化チャンネル桜」司会者の河内屋蒼湖堂氏。「ネットで発言しようという人は、それなりに勉強をしており、一般の人とでは意識の乖離がある」ともいい、必ずしも国民の多数意見を繁栄していないと指摘する。
 それでも、近年、ブログの影響力は無視できない。吉川氏(有識者会議座長)は「世論の動向を見ながら会議を進めてきた」と強調していたが、ネットでの議論にまでは目配りしていなかったようだ。(太字部分原文ママ)
・・・これは、12月8日~10日に掲載された「女系天皇容認~有識者会議報告から」 (上)・(中)(下)という特集記事の(上)の最後の部分の文章です。



ちなみに、「女系天皇反対」の立場の代表者の一人として、藤原正彦・お茶の水女子大教授の正論(12/7付)と、「臣や民の声ではなく、皇室にその決定を委ねるべき」という櫻田淳・東洋学園大学専任講師の正論(12/16付)もありました。
「女系反対」の意見は、これまでににもたくさん掲載されています。櫻田氏のようなまったく違った観点からの意見は、初めて興味深い内容でした。

日本文化チャンネル「桜」は、スカパーで見られるそうですが・・・うちもCATVの回線あるんですが、契約してませんので見られません(^^;
「ネット界のオピニオンリーダー」? すみません。ヒヨコなもんで、そのお名前は存じあげませんでした。「桜」のサイトを見た限りでは、なんだかコワそうな番組と出演者の名前がいっぱい並んでますけども・・・ググったらものすごい数のヒットがあるんですが、どうもよく分からんのですよね、“その実態”が(・・・いや、とってもコワそうなんで、あんましからまんとこーっと)。

ただ、「ネットに限っていえば、男系維持派の方が圧倒的に優位だ」というのは、どういう“調査”をしてのご発言なのか、それをなぜネット嫌いの産経さんがそっくりそのまま戴いてるのかが腑に落ちません----というのが、私の言いたいことなんです。

んでもって、「ブログ(日記風のホームページ)」という表現も、今さら、という気がするので、どうにかなりませんかね?(^_^;

もう一つ、「女系天皇容認派」のネチズンたちがよくお勉強できるように、こういう特集記事もWebサイトに載せてくれると、ありがたいんですがね。あ、『正論編集部blog』で展開中ですか?(産経さんがネット情報が信用できない、嫌いという理由は、発言者の「匿名性」のようです。そんなに“荒らし”が怖いんでしょうか・笑)

蛇足かもしれませんが、「皇統二千六百六十五年」の神話を正統として実現することが「是」とされるならば、イスラエルの国も、“あの場所”で維持されなければならなくなるのでは?
・・・あー、そんなこと言ってたら、地球上のあちこちで戦争が勃発するでしょうね (×_×;)ξ


a0037706_9491393.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-12-17 09:29 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite