二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「高校生市長は放課後に公務」


史上最年少!?18歳高校生市長 - nikkansports.com > 社会ニュース
高校生が現職破り市長当選、アルバイト代で選挙活動 米ミシガン州
 〔アサヒコム 2005年11月23日〕
 米ミシガン州ヒルズデール市の市長選で当選した現役高校生マイケル・セッションズさん(18)が21日、市長に就任した。セッションズさんは宣誓を前に、集まったAP通信などの記者団に「仕事に慣れなければいけないから2、3日は大変だけど、日を追うごとに自信はついてくるだろう」と語った。
現役高校生が、現職市長を「2票差」(当確情報の時点では64票差)で振り切って、市長に当選したという。アメリカ・ミシガン州のヒルズデール市での“事件”(苦笑) 同市では、18歳以上なら立候補でき、マイケル君は、18歳の誕生日の二日後に立候補したそうだ。
アルバイトで貯めた8万円ほどを資金に、自転車で有権者の家を一軒一軒回ったという。

アメリカのニュースでは、「両親といっしょに住む高校生が市長になりました」と報じ、父親は「彼ならできると思う。どんどんやれることをやって欲しい」(ウロ覚え)と、インタビューに応じていた。また、マイケル君は、大学へ行って、政治などについて学ぶ予定だとか。

挑戦するマイケル君もすごいですけど、18歳に「市政を任せよう」と決意した市民もすごいと思う。

ヒルズデール市」がどこにあるのか調べてみたら・・・シカゴとデトロイトを直線で結んだ、そのちょうど中間地点あたり。人口8000人。ほとんどがドイツ系やアイルランド系・イギリス系の白人。高卒以上の学歴の人が82%超・・・こぢんまりと落ち着いた小さな町のようだ。


a0037706_19265694.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-11-24 19:27 | その他もろもろ
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite