二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「“フォー!” が入ってましたねぇ・藁」


今年の言葉は「郵政民営化」 ワード・オブ・ザ・イヤー
 〔アサヒコム 2005年11月14日〕
 「郵政民営化」は投票総数の4分の1以上を占めた。2位は「刺客」、3位は「想定の範囲内」、4位は「インスパイヤ」、5位は「小泉チルドレン」で、総選挙に関連した言葉が多かった。このほか上位には「JFK」「愛・地球博」「フォー!」「クールビズ」「ホリエモン」などが入った。
これって、毎年、どんな人が投票して選んでるんでしょうか? いつの間にか「発表」になってるんで、毎年ギモンに思っています。

ところで、ついにやってしまいましたね、「フォー!」(苦笑) ハッスルでも、「成功」したようですし? 本も出して、「けっこうオモシロイ」という評判ですし? あちこちのバラエティに出没してますし、んでもって、吉本興業も業績を上方修正したそうですし。「フォー!」様様でしょう。

2位の「刺客」は、そう呼ばれたご本人たちからも、外からもいろいろと批判がありましたが、んー・・・新聞や雑誌の「活字」になる頻度が高かったからでしょうか。同じく政治(総選挙)関連で生まれた「小泉チルドレン」。これも、「いい大人(ただし、タイゾー君を除く)に対して使うのは失礼ではないか?」という声も、一部あったようですが、社民党の「土井チルドレン」などという言葉も昔からあったらしいので、政界での「ギョーカイ用語」が、マスコミ報道で外へ出てきただけなのかな? 一般の人は使いませんよね。

今年は、専門外の「選挙」でがんばった「ホリエモン」ですが、村上さんや三木谷さんは、やっぱりマスコミ向けのキャラではないんでしょうか?(笑) 人気無い?ですねえ。 「想定の範囲内」は、すっかり定着してしまいました。これまで「予想通り」という言葉が使われていたようなところでこの言葉が入るようになりました。

「クールビズ」・・・今は「ウォームビズ」をやってますが、果たして、来年も生き残れるのか?
「JFK」は・・・野球が好きで、スポーツ新聞をよく読まれる方にはお馴染みの言葉なんでしょうが、私もいまだに3人の名前をちゃんと覚えてません(;^_^A 本人たちも本当の「JFK」が何を意味するのか知らないそうですが、いいんでしょうか?

4位の「インスパイア」は、ビミョーですね。なんだか「パクリ」を誤魔化すためによく使われているような気がするんですけど・・・「○○にインスパイアされて」とかって。「インスパイアなんで、それの影響を受けただけなんで、似ているとしても真似とかパクリ(盗作)じゃありませーん」という言い訳というか。

結局は、「マスコミがよく使った言葉」(テレビや新聞によく登場した言葉)なんでしょうか?


a0037706_15344362.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-11-16 15:35 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite