二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「タイミング的に、何かコワイ・・・事故?!」


在ペルー日本大使館員が交通事故死、車ごと転落
 〔アサヒコム 2005年11月11日〕
 ペルー中部のフニン県で9日午後、日本大使館の伊藤正(まさし)2等書記官(42)の乗った車ががけから転落した。伊藤書記官は頭などを強く打ち、搬送先の病院で死亡した。ペルー人運転手も負傷したという。
日本に“潜伏”していたフジモリ元大統領が、極秘でペルーへ帰還しようとし、立ち寄ったチリで拘束されてしまった。
「ペルー日本大使館占拠事件」で、ずいぶんと“世話”になった日本だが、別にこっちから頼んだわけでもなく、武力行使の道を選択できずにグズグズとし、おまけに、大使館内で館の主である大使がおバカをやって、世界中に恥を晒してしまったので、素直にお礼を言う気にもなれない・・・。

そのフジモリ元大統領は、なぜか日本に戸籍が残っていることが分かったために、母国のペルーで“追われる身”になった時に、日本へ転がりこんだ。行くあての無い彼を、一時期“下宿”させた有名作家もいた。

今回、ペルーやチリ政府は、日本政府の対応を批難しているが、「フジモリ元大統領、日本とペルーのパスポートを使い分け」などという報道も出てきては、フジモリ氏は、計画的な“確信犯”として、日本政府にもひと言の断りもなく出国して行動しているわけだし、日本政府がヤイヤイ言われる筋合いはないのではないかと思うのだが・・・。


a0037706_1545405.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-11-11 15:48 | 外交・国際問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite