二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「大災害の原因・・・?」

パキスタン地震:カシミールの武装組織1500人死亡
 〔毎日新聞 2005年10月15日〕
インド情報当局は15日までに、パキスタン地震でカシミール地方のパキスタン支配地域を拠点とするイスラム武装組織のメンバー約1500人が死亡したとの見方を明らかにした。インド有力紙「タイムズ・オブ・インディア」が伝えた。武装組織はインド支配地域側へ越境してテロ活動を繰り返し、印パ和平対話の最大のネックとなってきたが、地震で勢力を弱める可能性もある。
こういう話を目にすると、「ノアの方舟」伝説を思い出してしまう。あるいは「バベルの塔の崩壊」とか。

昨年末の、「インドネシア沖大地震&大津波」の震源地も、軍事独立運動が盛んなアチェのすぐ近くで起き、被災直後に、各国の救援隊が入ることさえ拒むような状態だというニュースを聞いて、インドネシアが“過激な”イスラム教徒を抱えた、「内紛」の耐えない国であることを知った。その後、「アチェにはイスラムのテロリストが潜伏していた」とかいうウワサも出た。
 ※アジアの政治問題「解体? 人工国家インドネシアの将来 インドネシア・アチェ紛争の泥沼」(辻 雅之/2003年06月17日)

oneearthさんの「散歩道」で、「カトリーナ」は神の御業という話を読んで、ふと上記のようなことを考えてしまったのでした。

◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■毎日インタラクティブより


a0037706_0344695.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-10-17 23:50 | 外交・国際問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite