二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「よく分からない問題 その(1)~造反議員」

<郵政法案>信念より「復党したい」 自民系無所属反対1人
 [ 毎日新聞 2005年10月12日 ] Excite エキサイト : 政治ニュース
・・・自民系無所属で反対を貫いたのは平沼氏ただ一人。なぜ態度を変えたかについて、大半の議員は「選挙を通じて国民の意思が明確になったから」と説明し、反対派の中核メンバーだった山口俊一氏は「(小泉純一郎首相が退陣する)1年後をにらみつつ、現実的な対応をせざるを得ないと判断した」とのコメントを発表した。
 反対組が雪崩を打つように賛成に転じたのは、自民・公明両党で衆院の3分の2を占める状況では、反対を続けても何の展望もないからだ。それより党の処分をできるだけ軽く切り抜け、自民党復帰への望みをつなぐ方が得策との判断があったとみられる。
平沼議員は、「(小泉首相の独裁的な)政治手法に“反対”するため」と、決議後に突撃してきたレポーターに説明していた。
法案の内容の是非ではなく、「小泉憎し」の感情で反対しているということか? 国会って、何をするためのところなんだろう・・・と感じてしまう。


・・・ちょっと話はズレますが、「亀井静香氏にホリエモンをあてがったのは、小泉首相の“武士の情け”だったのでは?」と、思う今日この頃です(^^;

 ※ゆうパック大量在庫、旧型の箱や紙袋1億8千万円ムダ

 ☆参照ブログ裸の王様にする人 〔Hotta World:: 「活・喝・勝」〕


a0037706_925123.gif 「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-10-12 09:25 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite