二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「指摘されなければ、“必要な処理”で続けられた?」

「プール金は慣習だった」元NHKプロデューサー (Excite エキサイト : ニュース)
・・・不正を始めた動機について「(番組構成委託料名目などによる)プール金は慣習だった。正規に処理できない請求のため必要で、ないと仕事が進まなかった」と述べた。
 磯野被告はプール金を「ある程度のポスト以上であれば誰でも(存在を)知っている。・・・資金流用について「(1980年の)入局当時からそういう姿を見てきた。自分もその立場になれば、しなくてはならないと思っていた」「NHKのためだと思っていたが、(今考えると)私的流用と同じだった」と述べた。
「NHKのため」ですか。元プロデューサー氏の「世界」は、NHKの内側だけだったんですね。それでよく報道の仕事をやってこられましたね。

元プロデューサ氏の言う「ある程度のポスト以上」の、この資金流用の存在を知っている職員全員の連帯責任として、厳しく問うべきではないのでしょうか?

◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■共同通信より


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-09-26 21:06 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite