二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「“信長”は、小泉さんじゃなくて、反対派のK・K氏」

MSN-Mainichi INTERACTIVE 嶌信彦のコラム 〔毎日新聞 2005年8月19日〕
改革対反改革という選挙土俵を作り、民主、社民らの野党も反改革、抵抗勢力と位置づけるいつもの小泉流の“敵を明確化する”ことで、浮揚をはかる戦略だ。最近は織田信長を好んで読んでいるようで、自民党の郵政反対派は「一切、党公認をしない」「造反の主役級選挙区には知名度が高く勝てそうな候補をぶつけ、全滅させる」「自民党の公認申請者には、約定を書かせる」など、従来の選挙戦とは異質の激しさ、非情さが目立つ。まるで、信長の一向一揆掃討、比叡山焼き討ちを思わせる徹底ぶりだ。
・・・と、小泉首相を「織田信長」にたとえる“声”がよく出ているようですが、ある筋で「信長の生まれ変わり」と言われているのは、小泉首相に真っ向から歯向かってる「K・K」氏。

家康も生まれ変わってきていたけど、すでに故人となってしまっているし、秀吉は兄弟ゲンカで表舞台に出てこられなくなっちゃったし・・・(苦笑)
現代の「戦国時代」は、数百年前の時よりいっそうレベル・アップしていて、かつての「天下人」では治めきれなくなっているんでしょうね。

それにしても、「刺客」だの「対抗馬」だの「くの一」だのとやってますけど、「郵政改革に反対じゃない」という有権者の票は、知名度で集めなくても大丈夫ではないかと思うので、こういうときは、真面目に勉強しながらがんばってる将来有望な「新人さん(若い世代)」たちに、国政への門戸を開いてやる絶好のチャンスではなかったのかなあ・・・と、残念な気持ちになります。

活発な“新陳代謝”で、「角質化」した老害議員たちが剥がれ落ちていったんだから、新しい人材を登場させてやることが、日本のためではないかと思うんですけどねぇ。ん? 若返ってるの?

 ※自民候補若返り…40代以下39% 元職激減…民主に迫る
 〔産経新聞 2005年8月22日〕


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-08-20 13:19 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite