二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「幻想だらけの日本?」

明徳義塾の問題が出てドタバタしたかと思ったら、こんなニュースも出てきて・・・(^^;
<黙とう>甲子園で広島代表校が提案、高野連が制止
騒動の発端となった、この毎日新聞の元記事は、すっかり削除されてしまったようです。(ギリギリ、エキサイトニュースで拾ってました)
なんで削除されたかというと、高野連と朝日新聞がツルんで口を封じたからのようですね。
高陽東の原爆黙祷巡り混乱 社内連絡不備と本社が陳謝

 ★この問題は結局、「毎日新聞の誤報」ということで“決着”したようです。
  毎日新聞社がおわび掲載へ 高野連幹部の発言めぐり(朝日新聞8/9)

「白球を追う青春!」の高校野球のウラというか足元というかは、ドロドロなんだってもうみんな知ってるのに、何を今さら、ウソにウソを塗り重ねて隠そうとするんでしょうか?

明徳義塾の話だって、日本の学校の体育会系の部活では、先輩から後輩への「しごき」という名のイジメや暴行は、全国津々浦々で行われてるのが当たり前なのに、何を今さら「処分」なんだろう?

熱中症で気分が悪くて動けない中学1年生を、「ダラダラしている」と、説教しながら殴る、蹴るの「指導」をやって、死に至らしめた教師を、なぜ校長が「熱心な先生なので、多少の行き過ぎがあったかもしれない」と庇ってやる必要があるんだろう?

「食べるのが遅い」と言って、給食のおかずを手で受けさせて、それをイヌのように食わせるような「食事指導」をする教師が、なぜ7年も(もっと長いかもしれない)のほほんと生きていられたのだろう?

『女王の教室』も、「リアリティーの無さ」がウケてるという評判らしいが、本当はいっぱいいるんじゃないのか、ああいうことする先生は?


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-08-07 01:17 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite