二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「夫にしてほしい家事内容・・・“男”の出番は少ない?」

妻が夫にやって欲しいと考えている家事は、「脱いだ服を片付ける」「力仕事」「電気の配線」「子供の相手をする」「読んだ新聞や雑誌を片付ける」「食べた食器を流しに運ぶ」の6点。いずれも7割以上の妻が、夫にやってほしいと考えています。   エキサイト恋愛結婚
17個の「家事」項目が並んでいますが、たいていのアンケートで「夫(自身)がよくやっていると思う家事」の上位に必ず食い込んでいる「ゴミ出し」は9位。約半数の妻が「希望」しています。

でもね、いつも思うんですけど、この「ゴミ出し」って、玄関先にまとめられたゴミ袋を、ゴミ置き場へ「運ぶ」だけじゃないの? 家中のゴミを“かき集めて”袋に入れる・・・というプロセスが入っているのだろうか? 出勤する時に「ついでにゴミ袋を持って、指定の場所に寄って置いてくる」というのが実態ではないのでしょうか?

それにしても・・・便利な家電が開発されて、家の中で、「これぞ男の仕事!」----つまり、いわゆる力仕事はぜんぜん無いんですね。「力仕事」は2位に入っているのですが、その具体的な内容は不明です。
畳をひっくり返して大掃除・・・ってのもしなくなってきてるし、数年に一度の「粗大ゴミ出し」くらいか? 大きな家具の移動とか? 大きな物を買い物したときに家まで運んでくれるとか?

家事って、「力」は要らないのですが、毎日毎日、あるいは一日に何度も・・・の細々したことが「面倒」なんですよね。「休日無し」だし。「やって当たり前」って思われてるし。
「そんなしょーもない“仕事”、男がわざわざ手伝う必要もないやろー?」・・・しょーもない(たいしたことない)仕事だけど、毎日毎日、やらないと大変なことになることだけは、理解しておいた方がよろしいかと。
愛しい妻に先立たれたり、ある日突然「三行半」を突きつけられた時に、途方に暮れない程度には、やっておいた方がいいと思いますよ (^_^)
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-08-06 09:46 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite