二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「結局は、自前で政権握れないパラサイト党だってこと」

公明・冬柴氏、民主との連係示唆 自民郵政反対派を牽制
 〔アサヒコム 2005年07月27日〕
公明党の冬柴鉄三幹事長は27日、日本記者クラブで講演し、郵政民営化法案が否決される場合の衆院解散に否定的な見解を示したうえで、仮に総選挙となって民主党が第1党になる場合、「政治の安定のためにはそれしかないというのなら、(民主党との連立に)ちゅうちょすべきではない」と語った。法案の可否のカギを握る参院自民党の反対派を強く牽制(けんせい)したものだ。
・・・・一方、民主党の岡田代表は「民主党との連立を望むならまず自民党との連立をきっぱり切って選挙を戦ったらどうか。わが党は単独政権を目指している」と記者団に話した。
冬柴さんが暴走して、神崎さんは大慌て。

まるで、「獣」と「鳥」の間で、右往左往するコウモリのようではないか(^^;
こんな政党に頼るしかない自民党も情けないったらありゃしない。民主党も「単独政権」なんて大風呂敷を広げてるけど、ホンマにだいじょぶなんかいな?

◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■アサヒコムより


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-07-28 13:03 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite