二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「マザコン男は買いである・・・ってホント?」

『マザコン男は買いである』(和田秀樹・著/祥伝社新書)

本屋で立ち読みさせていただいたきりで、きちんと読んでないので、“勘違い”してたらゴメンナサイ。でも、マザコンに「いいマザコン」と「悪いマザコン」があるという和田センセイの仮説には、どうも納得がいかないと思い続けている。

だいたい、「マザコン」というのは、夫婦関係になんらかの問題を抱えた母親(妻)と、息子との間で「共依存」の関係ができあがってしまっている場合に、息子の側が抱える精神的な“問題状態”(?)のことを呼ぶはずで、決して「母親を愛して大事にしている」わけではない。母親にその気はなくとも、「ママに人生を握られてる」状態なので、大事にしないと自分自身の安全や精神的安定に危機が訪れるという予感に支配されているから・・・つまり、「自己愛」の変形だと思う。

だから、「母親を一番に愛して大事にし、母親の言いなりになっている男は、結婚すれば妻を母親の代わりに一番に愛し、うまく尻に敷かれてくれる夫になる」というような論理は、成り立たないはずだ。だって、「母親と共依存関係」にあるのだから、その「母親」の場所に、「妻」が入る余地など、微塵もあるわけが無い。

イイトシになっても父親を超えられず、母親ベッタリの男は、いつも「下位」に甘んじなければならないため、結婚すれば、妻や子供を「自分のもの」と考え、自分が「上位(支配側)」に立てる唯一の相手として、暴君と化する恐れもある・・・ような気がする。

そうそう、在阪のテレビ番組がこの本をネタにして話を進めてたら、誰だったか忘れたけど(若い女の子のタレント)、「でもぉ、マザコンとマザコンじゃない人って、どうやって見分けるんですかぁ?」と鋭く(笑)ツッコンでしまい、スタジオが一瞬、気まずーい沈黙に包まれてました。

そうなんだよね。良くても悪くても、マザコンは夫にしたくない、と思うんだけど・・・・はははっ(^_^;


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-07-13 23:51 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite