二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「でたぁ~、“脳死は普遍的な人の死”論者」


「脳死は普遍的な人の死と法改正を」 太田和夫
Sankei Web 記事
産経新聞記事 〔共に、産経新聞 2005年5月30日「正論」〕

最近出てこないなぁ、週1のコラム(産経新聞 日曜日)で忙しいからかなぁ・・・なんて思っていたら、やっぱり出てきましたね(苦笑)

それにしても、毎度毎度、よくもこう「同じ文章」が書けるもんだと、感心してしまいます。毎回同じだよ、サンケイさん。コピペでテキトーに切り貼りしてるんじゃないのかと思ってしまうくらい。もう読み飽きたよ。いい加減に新しい論点を出しておくれよ。お医者のクセに、「医学的・科学的に、脳死とはどういうことなのか?」ということを論じないというのは、卑怯じゃぁあ~りませんか?

太田和夫・東京女子医大名誉教授の「オハコ」文例集
 ~5月30日「正論」より抜粋・補足(rabbitfootによる)
・(現行臓器移植法の)「医学的に同じく脳死になっても、臓器を提供しない人は生きていて、提供する人は死んでいる」という論点は、国際的な物笑いの種になっている
・(アジア諸国では)脳死が人の死であることを医師がよく説明し、、人工呼吸器を止め、顔色が変わり、明白に死が訪れたことをわかるようにする。そしてこれを反復して示していくと、やがてこれが広く受け入れられるようになったらしい。
・(脳死状態になったらやがて死ぬことは確実であるのに)いつまでも生きているように見せかけることは望ましいことではない。健康保険での支払いも厳しくなっている現況を考えると、その継続は再考しなければなるまい。
・臓器提供の意思がある人に限って脳死を人の死とすることはあまりにも恣意的であり、とうてい世界的に受け入れられるものではない。
・日本で臓器移植が受けられるチャンスが少ないために、外国へ行って脳死者の臓器提供を受けることは、日本人が希少な臓器を奪っているように思われ、非難の的となるだろう。
・日本人は事なかれ主義で、曖昧な対応をすることを“大人の知恵”としている節がある。しかし生死に関する見解や国際的な問題などについて、常に曖昧さを全面に出して事を運ぶとなれば、、諸外国に見下され、侮られることは必定であろう、
・人の生死や国際的な問題について曖昧な対応をしていると、諸外国からは信用できない国民であると見做され、外交面でも大きなマイナスになることが危惧される、
・脳死は人の死であることを認め、臓器提供の意思を示している人や、遺族からの申し出で臓器を提供していただき、可能な限り大勢の人たちのお役に立つようにするというのが移植医療の基本であろう。


・・・ああ、書き写しているだけで気分が悪くなってきます。

この太田氏というのは、ものすごい「外国コンプレックス」の塊じゃないんでしょうか?



毎回毎回「日本の臓器移植法は国際的に物笑いになっている」と主張していますが、本当の話なんでしょうか?
それから、いつも持ち出してくるのは、「人工呼吸器が無ければすぐにでも心臓が止まる脳死患者に健康保険を使うことは無駄であり、保険財政が厳しい状況で、それを切り捨てることは国のためである」という論調です。ホンマにアンタは人の命を救おうと考えてる医者なんか?!(と、はげしくツッコミたいです)
産経新聞は、「脳死は人の死ではない」という側の意見(情報)もきちんと公平に国民に提供した上で、「それでもなお、“脳死は人の死”であると考える方が妥当である」と堂々と主張すべきだろう。
これでは、メディアの公共性も公平性も実現されていない。大手のメディアが、自身の論調に反する情報を「無視」「黙殺」することは、国民世論を誤った方向へと導く要因となる。国民が正しい情報を手に入れられない国が、どうなるかということは、中国や韓国・北朝鮮をじっくり観察してきた産経新聞には、よーくお分かりのことだろうに・・・残念で仕方がない。

「脳死は人の死」ではない・・・と考えている方たちの代表的な意見については、下記サイトをご参照ください。

 ○村のホームページ(上村芳郎氏)「脳死と臓器移植」
 ○森岡正博の生命学ホームページより
  脳死判定・最新の研究から 船橋市立医療センター脳神経外科 唐澤秀治氏の論文(2001年3月14日)
  ※上記論文中に唐澤氏が指摘されている「ドナーカードの記載不備」に関しては、昨年12月に「記載の柔軟な解釈を認める厚生労働省通達」が適用されるようになってから、本人署名が無いなどの重大な記載漏れ以外は、軽微な不備は不問とされるようになりました。
  〔参考記事 アサヒコム 2005年02月16日


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-05-30 13:34 | 医療/生命倫理
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite