二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「ケータイ、PCならNHKはタダ?」


「携帯、PCでテレビ視聴→NHK受信料支払う義務がある場合がある」
 〔産経新聞 2005年3月19日〕

少し古い記事を引っ張りだしてきて恐縮なのだが、先月18日、政府の閣議の中で出た話だそうです。
放送法32条などでは、NHK放送を受信可能な受信設備を設置した場合、受信契約を規定している。しかし、NHKは、携帯電話などでテレビが視聴できる場合でも、自宅のテレビが受信契約をしていれば、「改めて放送受信契約を締結することは求めない」としてきた。
この記事を読む少し前に、病院の病室などにテレビをレンタルしている業者が、NHKに受信料を支払っているそうなのだが、「患者さんは自宅で受信料を支払っているのに、レンタル料の中にまた受信料を“上乗せ”して徴収するのは、二重取りではないか? うちが受信料を払う義務はないのではないか?」と訴えているニュースをテレビで見ていたので、何がなんだか分からなくなってきてしまった。

「義務がある場合がある」ってなんだよ・・・(^^;

NHKにしても、NTT(旧・電電公社)にしても、日本のメディアや通信のインフラが整うまで、「親方日の丸がかり」で技術開発や設備の敷設などを、代表してやってきたので、いろんな「特権」とか特殊な規則が罷り通ってきたのだろうが(これからは、郵政公社もだろうね)、今の民間の“がんばり”を見ていると、もう「官製」の威光というのは、必要なくなっているのではないかと思う。

「ドコモの接続料は、韓国の3倍もあり、高すぎ!」という声が、またアメリカから出てきたそうなので、早いとこ手を打った方が良さそうですよね。

◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■読売新聞より
 ■産経新聞より


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-04-03 00:12 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite