二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「テレビで上質の情報を得るのは難しい」


ヤースのへんしん「頭に来る!」(March 30, 2005)

4月1日(深夜25時19分~)の「ライブドア問題」を扱った『朝まで生テレビ』をチェックしてくれないか、という友人の呼びかけに、「朝まで」起きてテレビにかじりついてるヒマの無い私は、録画しておいて、今朝、見たのだけれど・・・50分ほど見たところで、疲れて消しちゃった(苦笑)

なんせ、出演者がメチャ多い。立場も主張もぜんぜん違う。みんなでなにか建設的な議論をしようとか、この問題の本質を探ってみようじゃないか・・・というのではなく、バラバラにガナリ合ってるだけだし。

こんなもん、3時間も眠い目をこすりながら見る価値があるのか? 放映する意味があるのか?

テレビ番組ってのは、番組そのものが「商品(サービス)」なわけでしょう? 『朝生』の商品価値って、いったいどれくらいのもの? 視聴率競争してスポンサーからCM料をふんだくるんじゃなくて、それこそ、番組を見た人から「番組視聴料」を徴収できるようなシステムができたら、つまらない番組は淘汰されてゆく運命なんじゃないかと思うけど? で、ほんとうに見たい番組を作る努力するようになるんじゃないの?

日本のメディアっていうのは、やっぱり「お上」的な発想で情報発信してるのでわ?


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-04-02 23:28 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite