二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「紀宮さまのおトシは、晩婚化とは関係ないでしょ」

日本のプリンセス・紀宮さま35歳でご婚約と日本女性の晩婚化 | Excite エキサイト : ニュース


まあ、とにかく、外国で流された報道まで利用して、「近頃の日本の女性は、結婚したがらない。子供を産みたがらない。夫に家事をさせたがる」と言いたいのでしょう。日本のマスコミ業界は「男社会」「男の目線」で作ってるんでしょうから、女性に不利な論調になることは、仕方がありませんね。

日本で一番「やんごとなき」お家柄のお嬢様ですから、その「品格」につり合う男性を探すのは至難の業だったと思います。黒田家は、家系に「ヘンな人」がいないかどうか、厳しく調査されたのではないでしょうか?

それにしても、「女性は仕事でキャリアなんか積もうと思わずに、家庭(父の家・夫の家)で家事・育児に専念しましょう。それが女性らしい生き方」というオススメと、「“家事手伝い”は、立派なニート。もっと働け」っていう警告とは、矛盾しないのでしょうか? シングル女性が親の家で「家事手伝い」してるのは、ニートに数えてないなら、矛盾しないけどさ(苦笑)

女性は、「容姿の衰え」とか「出産適齢期」では、ごまかしが効かないから、本当は20代で結婚・出産してしまった方が、自然の摂理には合ってるんでしょう。男性は、元気なら、70歳になっても子供作れるもんね(^^; セクシーなジイさんも、いっぱいいるし。
「結婚」に関しては、やっぱ、女性の方がハンディが大きいですよねー。

このニュースの中で、「クリスマスケーキ理論?」が引かれてましたけど、今、「みそかソバ」も超えちゃって、「正月」に突入しているというウワサも?(笑) いいじゃん。正月ならめでたい。
「三が日結婚(32~34歳?)」とか、「鏡開き(42歳?)」とか「松の内(46歳)」とか・・・どんどん行っちゃいそう(^^;


ところで、先週だったか、テレビ(TBS系)で「7人兄弟姉妹の大家族」のドキュメントやってましたが、母親が家出しちゃったもんで、長女が母親代わりに家事・育児をやってまして・・・中学はちゃんと卒業したのだろうか? その上、16歳で「未婚の母」になって・・・。人の好さそうなお父さんで、子供たちのために一生懸命やってるのは伝わってきましたけど、なんつーか、経済力もそんなに無いのに、子供を7人も作っちゃって、妻には逃げられて(結局、2年くらいかかって探し出して、離婚手続きしてました)、娘は未婚の母になって(カレシの親は、「面倒みれない」と認知しなかったらしい)、常識を外れ過ぎです。行き当たりバッタリし過ぎです。

長女も、6人の妹・弟の面倒見るのに手間がかかるだろうに、カレシとはちゃんと遊ぶヒマがあったのか? そのあたりはぜんぜん出てこなくて、「究極の家族愛ドキュメント!」というイメージにまとめてあったのは、「正解」なんでしょうか? 私には分かりません。

女性の晩婚化ばかり心配してますけど、中卒で「家事手伝い」とか「バイト」やってるうちに、その覚悟もなく、10代の間に妊娠・出産なんかやっちゃう女の子たちの方が、私は心配です。「父親」が高校生だとかなら、目も当てられません。経済力なんか当然ないだろうし、子供を教育するだけの知識や経験も無いだろうし・・・社会人としての能力が備わってもいないだろう。血のつながらない“男性の同居人”と、児童虐待に走ってしまうことも多いようだし。

少子化は心配ですが、「ちゃんと子育てに十分な経済力を得られる仕事に就くために必要な勉強をしてから恋愛しろよ」と、オバさんはお節介を焼きたくなります。


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-03-23 11:41 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite