二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「東京経済新聞を創刊したかったホリエモン」


月刊誌『フォーサイト』4月号(新潮社)の記事を読んで、私が初めて知ったことがある。ホリエモンが「フジテレビを欲しがる理由」は、今の日本の「新聞協会」は“新規参入”がほぼ不可能で、「新聞協会」に入ることができなければ、共同通信や時事通信からの「記事の配信」が受けられない。つまり、「一次情報を買って自前で紙面作りができない」という実態だ。

ホリエモンは、特許庁に「東京経済新聞」という商標を出願し、昨年11月に登録を済ませていたという。ところが、「東京経済新聞」の“新規参入”は困難であることに気づき、去年の8月頃にはあきらめていたとか。
そこで、すでに「新聞協会」に加盟している「産経新聞」のハコを手に入れることをターゲットに代えた・・・ということらしい。

・・・ということは、今回の騒動が起きてから「一次情報は買えばいい」と(「簡単に買える」、ようなニュアンスで)発言していたことは、ライブドアの置かれている立場に関して、“事実”を伝えていなかったことになる。
こういうところが、戦略的にマズイというか、稚拙というか、反感を買いやすい部分なんだろうと思う。既成の法律や社会慣行、などに「穴」や「不合理」があることに気づいたならば、それを論理的に広く知らせて、世論を喚起し、味方を増やして“戦う”のが、常識的な動きだと思うのだ。

同じく『フォーサイト』4月号の記事で、日本の「電波行政」の社会主義的な「電波配給制度」について言及されており、そちらの「不合理」に対しては、ソフトバンクの孫正義氏が「新規参入分のケータイ用の電波をよこせ」と騒いだが、孫氏はホリエモンほど厚かましく無かったので、いつのまにかマスコミでも取り上げられなくなってしまった。

しかし、こういう情報も、月額3000円前後の新聞の定期購読料金、月額2000円程度のNHKの受信契約料を払っただけでは得られず、結局は、「追加料金」を支払って国民が「買わなければならない」のだ。
つまり、新聞の定期購読もしない、自宅でテレビを見ない(ニュース番組を見ない)という層を底辺にして、その上に、既存マスコミが配信するニュースには触れている層が存在し、さらにそれ以上の情報を自発的に「買っている」層がいて・・・と、日本の国民の間でかなり大きな幅を持った「情報格差」がすでに起きているということだと思う。

そうした問題は、「教育」の世界では何年か前から起きていて、「経済力」のある家庭の子供は公立学校以外の場で、より質の高い教育が受けられたり、情報が得られたり、人脈を築いたりすることが可能になり、さらに経済力をつけて発展し、そのまた子供がその親の恩恵を受けて・・・と、「一億総中流」という幻想を打ち砕いてしまった。

モノの流通市場は、スーパーやコンビニが発展する途上で、ほぼ「市場原理」で価格が決まるオープンな世界になりつつあり、クロネコヤマトの小倉昌男氏が、旧・運輸省と闘ってくれたお陰で、個人レベルのモノのやりとり(宅配)のコストや手間もかからなくなってきた(郵政公社は、その上に何をしてくれるんだろう・苦笑)。

ライブドアやソフトバンクが起こしている騒動が、「情報」という、大きな市場価値を潜在的に持っているものが、「官」に占有されていることを、暴きつつある・・・ということに、国民は気づかなくてはいけないだろう。

朝日新聞が「政治介入」だと大騒ぎしていたが、もともと日本のメディアは、新聞もテレビもラジオも、「官製」であって、「介入」どころか「社会主義政治の世界」の一部にメディアが「寄生」させてもらってるのが実態なのではないか。

「高速道路」は、主要な地点ごとを結んでいて便利なのだけれど、しょっちゅう渋滞が起きてなかなか目的地にたどり着けない。料金所でお金を払うために停車することが、渋滞の原因なんだから、タダにして出入り口やインターチェンジを素通りできるようにすれば、もっと便利になる。

ぶっちゃけた話が、「一般道路をチンタラ走ることを余儀なくされているインターネットの世界の人間に、“高速道路”を開放してタダで使わせろ、もっと便利に、儲かる道路の使い方を教えてやるよ」というのが、ホリエモンや孫氏の言い分だろう。
さらに言えば、ヘリポートをあちこちに作って、自由に空中を利用できるようなルートができれば、もっともっと便利になるし、国民が受けられる利益も大きくなる。それが、「電波・ネット」の世界に応用されると、どんなものができるか、私には分からないけど。

だから、その“言い分”や“やってみたいこと”は理解できるから、もう少し「賢い戦略・戦術」で、日本の社会主義体制をぶっ壊してくれないかなあ・・・というのが、現時点での感想である。
「情報」をメシのタネにしたい人間にしては、ホリエモンにも孫氏にも、「ジャーナリズム精神」が無さ過ぎるのが、イタイところだよね。
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-03-20 09:35 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite