二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「NHK見なくても、困らない今日この頃・・・」


「金がないなら知恵を使え」〔by 息抜きなさし出口〕

月刊『世相』の3月号に、NHKの受信料の話が出ていて、初めてその経緯を知った。日下公人氏が明快に解説してくださっている。

「放送法」ができた当初、NHKの受信料は“税金”のように徴収していたが、民放の数が増えてきた時に「NHKだけ優遇されてるのはおかしい。NHKも民放の一つになれ」という意見が出たのを、NHKは「公共性の高い立派な放送するから、これまで通りお金を取らせろ」と突っぱねた。しかし、「NHKが偏向したとき、腹が立った視聴者は受信料を払わなくていい権利を認めろ」という意見が通ってしまって、「不払い」に対する罰則規定がつかなかった。
放送法には「テレビ・セットを設置した人はNHKと契約しなければいけない」と書いてある。正確には「不払い運動」じゃなくて、「不契約運動」なんです。不払いだと、NHKは契約不履行で裁判を起こせるんだけど、いちいちそんな裁判を起こしてたら破産しちゃいます。だから、「うちはNHKは見ない」っていうのはダメなんですが、一度機械(テレビ)を外して、「さあ、見てください」といって(確認させて)、堂々と契約解除をすればいいんです。
(該当個所抜粋)

こういうことも、新聞やテレビはぜんぜん情報として出してくれてない。
国民の方も、個人でそういうことを調べるのが面倒だから、結局「まあいいか」と何も考えずに放置してる状態だし、もし、事実を知ったとしても、世の中の不条理なことを改革しようとすれば、○○派みたいな「過激な社会変革運動」みたいなことをしなきゃいけない、みたいなイメージに毒されてるから、動かない・・・。

インターネットの検索エンジンが進化してきたので、関心と意欲さえあれば、簡単に正しい情報にたどりついて真実を知る国民の数が増えてきている。こういうブログなどで情報を手に入れて、「表のマスコミ」情報では知り得ないことを知る人が増えると、世の中は、これまでと違った動きで変革されてゆくんじゃないだろうか。

面倒なことは「お上」任せにしておきながら、不都合があって不満があれば「すべてお上のせい」だとうそぶいておけば無事でいられる時代が、終わろうとしているのかもしれない。


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-03-16 08:55 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite