二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「自分の趣味で政治やってもらっては困る」


自民党:政治家のあるべき姿語り合う「夢づくり道場」開き

「郵政民営化PR紙芝居」といい、自分の趣味を周囲に押しつけるのは止めてもらいたいです。
あのまっさらの畳、何畳分だか数えられませんでしたが、いくらかかってるんでしょうか? 幹事長が、まさか“自腹”で敷いたとは思えないし。飲食費は、自民党が出してるの?

先輩議員が若手議員に「政治家の心構え」や選挙のノウハウを伝える
・・・のが目的ということだけれど、テレビに移った顔ぶれを見た限りでは、50代以上の議員ばかりのようでした。アルコールで、頭までピンク色に染まってましたけど(笑)、あれって、「勤務時間内」にやってるわけ? というか、「国会議員の仕事の一貫」という扱いなんだろうか?

もひとつ、テレビ映像に映っていた中で気になった「画」は、若い?女性の議員だか秘書だかが2名ほど、どっかりと腰を下ろして盛り上がってるオヤジ議員たちの間を回って、「お酌」をしている様子。オヤジ社会なんだねー。

1回生議員はこの日、武部幹事長らと鍋をつつきながら話し込んだが、党内には「発想が古い」(中堅議員)との声もある。
・・・そりゃあね、新人さんたちは、幹事長に顔を覚えてもらわないとね(苦笑)

だけど、シラフで後輩の育成とか、「ブレスト」のできない組織なんて、寿命は長くないと思いますよ。こんな政党に、大事な国政を任せたくないです。
マスコミも、ご立派なセンセイたちの、こんな恥ずかしい姿を嬉しそうに流すんじゃない。日本の恥だよ。


◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■毎日インタラクティブより


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-02-19 22:12 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite