二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「そうか、寒いのが好きな人もいるわけで・・・」


寒がりの私には、まったく思いつかなかったことなのだが、北海道・ニセコのスキー場が、夏のオーストラリア人で賑わってるのだそうだ。
ニセコ:豪州からのスキー客や投資が急増

オーストラリアと日本は、ほぼ南北に一直線なので、飛行機で8時間ほどかかるとはいっても、「時差が無い」ために移動がラクであることも幸いしているらしい。
スキー好きにとっては、「半年も我慢できない」ということか。

また、先週行われていた札幌の「雪まつり」にも、外国からの観光客が増えてきており、特に、暖かいアジア諸国から訪れる人の数が増えているという。
なんと香港では、ドラマ「北の国から」が人気を呼んでの、思わぬ波及効果らしい。
札幌雪まつりに外国人ラッシュ アジアで高まる北海道熱

また、飛行機の乗り継ぎのために成田空港へ立ち寄る外国人を対象に、成田周辺の寺などを、1回1000円、3時間ほどの「ミニツアー」で案内する観光サービスが、2月中試験的に実施されていて、なかなかの人気だそうである。
外国人観光客向け、成田空港周辺ミニツアーが人気

雪の北海道へツアー客を連れてきているのは、台湾の旅行社らしいが、大がかりな観光サービスやイベントを開催しなくても、既成のサービスに「プラスアルファ」するだけで、新しいビジネスは立ち上がるもんだな、と思う。

自分たちの住んでいる国の魅力を、外国人の視点で探してみるのも面白いかもしれない。とにかく、日本の文化や史跡は「ユニーク」なのだ、ということを忘れない方がいいだろうね。

◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■ニセコ:豪州からのスキー客や投資が急増(毎日インタラクティブより)
 ■札幌雪まつりに外国人ラッシュ アジアで高まる北海道熱 (アサヒコムより)
 ■外国人観光客向け、成田空港周辺ミニツアーが人気(読売オンラインより)


「ブログランキング」
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-02-16 20:33 | 外交・国際問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite