二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「自国で面倒見るのが当り前かも・・・?」


受刑者移送:政府が中国に締結申し入れ 過剰収容が深刻化
MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題
 〔毎日新聞 2005年2月5日〕

その多くは、言葉や習慣が違うため、通訳を付ける必要があるなど特別な処遇が必要で、刑務所にとって大きな負担になっている。日本語を十分理解できない受刑者を日本の刑務所で改善更生させることの困難さも指摘されている。

刑務所が満杯で、新しく造らなければ・・・と言ってるけど、国内の刑務所などに収容されている外国人受刑者は昨年5月末現在で4593人。このうち中国人は最多の1547人(34%)を占めているという。(全体の収容人数の2%余)

 ※法務省サイト 「白書・統計」資料より
  平成15年における全国の刑務所及び拘置所の1日平均収容人員は,
  前年に比べ4,535人増加して71,889人(男67,768人,女4,121人)


東南アジア諸国から人身売買で連れてこられたり、母国の内紛などで亡命を希望して日本へ辿り着いた人たちを「強制送還」することより、日本を“狩場”のようにして尊い人命や金品を強奪しに来てるような輩を、とっ捕まえたらサッサと本国へ送り返しちゃえばいいんじゃないのだろうか?
外国人による犯罪が多い地域とか、偏りはあるんだろうけど。東京なんかは、多そうだよね。
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-02-06 22:55 | 外交・国際問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite