二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「母子家庭&父子家庭」


離婚による母子家庭・父子家庭が増えているとのデータが出てきた。
最近は、「ひとり親家庭」と呼ぶそうであるが・・・。(“片親”という言葉もイケナイらしい)

母子家庭の問題は、収入が少ないこと。平均年収は210万円だという(月平均17.5万円)。
で、7割近くは、元父親からの養育費を受けとっておらず、受けている家庭でもその平均額は、4.5万円弱。
悩みのトップである「子供の教育・進学問題」は、おそらく「学費」などの経済問題と直結したものだろうと思う。

一方、父子家庭の最大の問題は「家事」(35%)と「相談相手がいないこと」だという。
離婚後、女親側が子供を養育することを選ぶことが多いのは、家事・育児能力があるから、ということなのだろう。だが、男親の「家事・育児」問題は、経済的な余裕さえあれば、「お金」で解決できるものだろうし、最近の家電製品の“進化”は、男親家庭にも恩恵を与えていると思われる。

新聞記事では、「相談相手がおらず、孤立しがちな父子家庭」ということが強調されているが、母子家庭だって、そんなに相談相手がいるとは思えないし、客観的な所感では無い気がする。父子家庭の数が“激増”したとはいえ、母子家庭の14%ほど。
なんにせよ、しわ寄せ・トバッチリを受けているのは子供たちである。「幸福な家庭」の数が増えること祈りたい。

今日もよろしくお願いします <<(_ _)>>
「ブログランキング」

~~~~~~~ ~~~~~~

◆母子家庭、5年間で3割増 過去最多の122万世帯に
(アサヒコム 2005年1月19日)

 全国の母子家庭は、推計で122万5400世帯と5年前より3割近く増え、過去最多になったことが19日、厚生労働省の調査でわかった。離婚の増加が要因。母親の半数はパートや臨時職員として働いていて、不安定な雇用や不況で平均年収は17万円減っている。
 (以下略)

◆シングルファーザーも過去最多
(産経新聞 2005年1月21日)


◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■アサヒコムより
[PR]
by rabbitfootmh | 2005-01-23 13:42 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite