二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「ヨン様の家・・・新聞情報は信用できなくなってきた(1)」


a0037706_1271651.gif韓国の春川市にある、「ヨン様の家」に日本人観光客が押しかけ、住人がストレスから苦情を申し立てている・・・という情報は、ネットでもテレビでも報じていた。
にもかかわらず、その報道が朝からあった日の産経新聞の夕刊の記者コラムに、その家の住人の「善意あるコメント」が、しごく好意的に紹介されていた。
「かつて私たちは名前まで変えさせられた。けれど、悲しい過去を乗り越え、日本人と仲良くしたい。わが家へ来て喜んでくださるなら、これほどうれしいことはない」とのこと(記事より)。

このコラムを書いた産経新聞の(早)記者がご当地を訪れて住人に話を聞いたのは11月末だという。「苦情」報道が出てくる前の情報と自分自身の受けた印象をもとにして、早くから準備していたのだろう。だが、そのコラムの内容をひっくり返すような新しい事態が起きたのが確実であるなら、こんな“歯の浮くような”文章を読まされては、かえって韓国(人)への印象が悪くなってしまうのではないか。

・・・それにしても、そんな事情は省いたって、この(早)記者のコメントは、まるでA新聞の社説のような内容だなあ(^^;


♪もういくつ寝ると お正月~
「ブログランキング」

~~~~~~~ ~~~~~~

 ◆「千分の一の“韓流”」
  〔産経新聞・大阪夕刊 記者コラム『波』 2004年12月25日〕 

 このコラムのタイトルの意味が、やっと分かりました・・・自分が、押しかけた千人のうちの一人だ、ってことなのね( by rabbitfoot )
[PR]
by rabbitfootmh | 2004-12-27 12:06 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite