二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「“事始め”って知ってますか?」


a0037706_20304178.gif先日、テレビ東京系の『TVチャンピオン』で、「女子小中学生礼儀作法王」というのをやってましたが、イマドキの大人が知らない、日常生活でのマナー、作法についての知識を競う中で、誰も正解できなかったのが、この「事始め」の日にちでした。

12月13日は、迎春準備に取りかかる「事始め」の日で、今年1年のお礼と、新年に向けたあいさつのために、日ごろお世話になっている芸事の師匠を訪れることになっているそうですが、今では、京都の祇園の花街などにわずかに残されているだけのよう。
関西では、必ずといっていいほど、テレビニュースで、京舞井上流のお家元、井上八千代(五世)さんのお宅に、芸妓・舞妓さんたちが「おめでとうさんどす」とご挨拶に訪れ、八千代さんが一人ひとりに「おきばりやす」と返して、新しい舞扇を手渡すシーンが流されるので、「ああ、事始めだな。もうお正月か」と確認できるのですけれど。
落語界でも、師匠のお宅を訪れて挨拶をしているらしいですが、落語家ン十年の某氏は、「何をやってるのか、ぜんぜん知らんかった」と、先日在阪のあるテレビ番組中で話題にのぼった時に告白していました。オイオイ・・・

クリスマス、雛祭り、端午の節句など、子どもがらみで、ジイちゃん&バアちゃんたちがたくさんお金を使ってくれる行事は、年々派手になってくるのだけれど〔あとは、お正月の“お年玉”目当てのオモチャ商戦か?〕、日常生活にメリハリをつける年中行事はどんどん減ってゆくばかりですね。

名門小学校の「お受験」では、こうした伝統行事を季節ごとに答えさせるような問題が多いそうだが、やはり3世代前くらいから、きちんと家庭の行事を行わないようでは、「門前払い」ということなのか?
うち? うちですか? 改めて訊かないでくらはいね(^^;


よろしくでございます <<(_ _)>>
「ブログランキング」

~~~~~~~ ~~~~~~

◆祇園など「事始め」~おめでとうさんどす
 〔産経新聞(関西版) 2004年12月13日夕刊
[PR]
by rabbitfootmh | 2004-12-15 20:31 | その他もろもろ
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite