二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「約10億円をポンっ! と寄付した老夫婦」


a0037706_2274124.gif世の中、あるところにはあるんですねぇ・・・sigh
アメリカなどでは、寄付はごく当り前のことなのだが、日本では、税金の控除を受けられる寄付先はごく限られている。だが、個人の資産は、ベラボーな高率の相続税でドンドン国に吸い上げられてゆき、3世代も続かなくなっている。皇后・美智子さまのご実家の土地と家が、亡き父上の相続税納付のために“物納”され、更地にされたことも、まだ記憶に新しい。
首都圏では、貴重な緑地帯として残っていた個人の邸宅の敷地の多くが「更地」にされてしまい、都心のオアシスを潰してしまう結果を引き起こしている。

財産を相続させる子どもがいない人たちや、生きているうちに、何か世の中のお役に立っておきたい、という人たちの寄付が、今、増えているそうだ〔産経新聞 12月3日記事「あしながおじさん急増」〕。

もっと、寄付の「受け皿」が増えれば、国民の資産もうまく活かされ、将来のために役立つのではないだろうか? 相続税のあり方と共に、善意の寄付が世の中を潤すような仕組みを、考えてみるのも良いのではないだろうか。


<補足>14日朝の「とくダネ!」でも取り上げられていましたが、親の代に遺産相続を巡って親族間で、醜い争いが起きたんだそうです。それも嫌だったので・・・ということらしいです。

「ブログランキング」

~~~~~~~ ~~~~~~

◆老夫婦、9億余円を日赤に寄付 ホームで暮らす79歳
 〔アサヒコム 2004年12月13日〕

 千葉県鴨川市の有料老人ホームで暮らす田口勝博さん(79)、千代子さん(79)夫妻が、日本赤十字社に総額9億7000万円相当の寄付をしていたことが13日明らかにされた。犯罪に巻き込まれることを恐れて公表してこなかったが、「こんな人間もいるのを知ってもらい、社会が明るくなれば」と話している。
 (以下略)

◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
 ■朝日新聞サイトより
[PR]
by rabbitfootmh | 2004-12-13 22:07 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite