二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「NEETを十把一絡げに論じるなかれ」


NEETから見る日本経済 PartII
  from 「多事論争」(12/8) by thunderball さん

「近頃の若いモンは、我慢を知らない。もっと我慢して勉強して仕事すれば、将来は安泰!」って、オジさんたちは言うんだけどね。オジさんたちの言う「安泰の将来」ってどんなものか具体的に教えて欲しいなあ。

年功序列で仕事能力が高くなくても給料がどんどん上がって、それなりの肩書がもらえて、定年まで勤めあげれば、会社からタンマリと退職金、国からは年金が降ってきて、老夫婦二人でローンを完済した“わが家”でゆっくりとお茶飲んで・・・んな将来が信じられるわけないでしょっ。

「我慢」よりは、きちんとした「成功法則」を教えてやって、未来への希望をイメージさせることが重要なんじゃないのかなあ。

そして、最初に自分が乗っかった“レール”から途中下車しても、“脱線”しても、またぜんぜん別の“レール”に乗り換えても、どこからでも「人生のやり直し」ができること、人生の勝ち負けなんて、「棺桶のフタが閉まるまで分からない」・・・あるいは、「棺桶のフタが閉まった後に分かるかもしれない」ということを、教えてやるべきです。

若者の「正社員枠」を奪ってるのは、「もっと我慢しろ!」って、言ってるオジさん(おジイさん?)たちだというウワサもありますしねぇ。
「がんばれ、ワカゾー!!」


※お勉強用記事
「トラックバック雑記文・04年12月09日」
■後藤和智事務所 -若者報道と社会-

[PR]
by rabbitfootmh | 2004-12-08 13:32 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite