二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「人身売買されるのは、女性と子ども」


a0037706_9263473.gifやっと、刑法に人身売買罪ができるそうです。無理やり、あるいはうまく騙して「買って」きた外国人女性も「被害者」として扱われることになりました。今までは「不法滞在」しているということで、犯罪者扱いだったわけですから。

なんだかねぇ・・・こんなことをモタモタやってる国で、「男女共同参画」なんて言っても、内容はたかが知れてるわねえ。というか、「外側」だけいくら取り繕っても、一人ひとりの「内側」・・・意識が変わらないのでは、いつまで経っても“外圧”を気にしていなければならないでしょう。
「男女雇用機会均等法」ができて、表向きは「仕事では男女差別は無くしました」とやってるけれど、実際はセクハラ問題なども含めて、旧態依然というところがほとんどだろうし。

中国での「買春」問題も、相手が相手だけに、“複雑骨折”をしたようなヘンな事態になっているわけですが、『外国人ツアー客を相手にした売春業がその前提にある』ことを横に置いておいて、「恥さらしな日本人」ばかりを糾弾する日本の一部マスコミの報道姿勢の方にこそ問題があるのではないか、と日垣隆氏などは言ってます。〔有料メルマガ『ガッキィファイター』12月5日号より〕

ところで、oneearthさんの「散歩道」では、韓国での人身売買、子捨ての問題が取り上げられていました。日・中・韓のうち、こうした「中世」的な社会問題から「一抜け」できるのは、いったいどこだろう・・・って、もちろん、一番に日本が抜けたいよ~ぉ!


 ※『ガッキィファイター』 (無料サイト)

* * *


【女性は商品】韓国の人身売買(from 「散歩道」)


韓国では子どもを捨てる親が急上中(from 「散歩道」)

「外国人女性ダンサー、ホームレスと偽装結婚」(10月27日)

「日本への人身売買批判受け、歌手・ダンサー向け興行ビザを厳格化」(9月29日)

~~~~~~~ ~~~~~~

◆人身取引対策:刑法に人身売買罪 被害者の残留認める
 〔毎日新聞 2004年12月5日〕

 政府が外国人女性の人身売買を防止するために検討してきた「人身取引対策行動計画」案が4日、明らかになった。これまでは被害者を保護しても不法滞在で強制退去させるケースが多かったが、在留許可がなくても強制退去させないことや、刑法に人身売買罪を設けてブローカーら加害者への罰則を強化することなどを盛り込んだ。

 政府は、14日の犯罪対策閣僚会議で同計画を決め、来年の通常国会に必要な刑法、入管難民法、風俗営業法などの改正案や国際組織犯罪防止条約の「人身取引議定書」承認案を提出する。
 (以下略)
--- --- --- --- ---
◆邦人観光客15人、集団買春で罰金・大連で8月
 〔日経NET 2004年12月3日〕

 (前略)
 同筋によると、処分を受けた日本人らは複数のツアーの参加者で、現地の旅行会社3社から紹介されたナイトクラブの女性をホテルに連れ帰り、買春。公安当局は旅行会社の社長やガイド、クラブのオーナーら中国人5人前後を拘束したという。
 (中略)
 中国では昨年9月、広東省珠海市で起きた日本人観光客約380人の集団買春で、中国各紙が批判、反日感情が高まって外交問題に発展。今年5月には上海でも日本人観光客約20人が摘発される事件があったが、今回と同様、市当局が報道管制を敷き、中国メディアは報道しなかった。
[PR]
by rabbitfootmh | 2004-12-06 09:25 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite