二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「360度三次元動画システムができた!」


a0037706_14542818.gif特殊な「めがね」をかけなくても、画像が立体的に浮き出して見えるディスプレイ装置を、東京大学の研究チームが開発したというニュースがあったが、今度は京大の研究チーム(知能情報学)が、多視点に設置した25台のビデオかめらで撮影した映像をコンピュータで処理し、360度どこからの視点でも鑑賞できるシステムの開発に成功したという〔産経新聞 2004年12月2日付・大阪夕刊記事より〕。

現在、映画の特殊効果やアニメーションのCGシステムでは、人間などの立体的な動きを再現するためには、本物の人間の体中に、その動きを感知し記録する装置を付けて処理しなければならないのだが、普通に「演技」している姿をビデオカメラで撮影されるだけなら、演者の負担はゼロになる。

この動画システムが、今後、どのような用途に使われるのか、いろいろな想像を膨らませてみるのも、夢があって面白いのではなかろうか。


「ブログランキング」
 「国内ニュース部門」で、いつも40位台をウロウロしております。
 ありがとうございます <<(_ _)>>

~~~~~~~ ~~~~~~

 ■産経新聞 2004年12月2日付・大阪夕刊記事

 撮影のモデルに、京都・祇園の舞妓さんが協力されたそうです。
[PR]
by rabbitfootmh | 2004-12-03 14:53 | その他もろもろ
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite