二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「平成電電、電話加入権を最高3万6千円で買い取りへ」


a0037706_1177100.gifこれはしばらく、他の「電電会社」の動きを見ていた方が良いかもしれない。プロ野球の球団再編や新規参入の騒ぎを見ていても、いったい何が“飛び出すか”が分からないような状況が、今の日本には生まれているような気がする。

IP電話にしても、現在のところ、警察や消防などへの「緊急電話」がかけられないという欠点があるために、なかなかNTTとは“手が切れない”ようになっている。私は、「マイライン登録」など、未だにその仕組みが分からないのだが(苦笑)、国内だけで、月に3000円くらいの通話料を払う状態なら、いったいどれくらい“おトク”なのか、ぜんぜん実感がない。だが、もっともっと、“おトク”なサービスは出てくるような予感もしてきたので、しばらく模様眺めでいた方がいいのではないだろうか。

NTTは、新規顧客を獲得するために「加入権廃止」という“暴挙”を起こそうとしているのだが、どうやら「既加入者のNTT離れ」を一気に加速させる方向へと進みそうな気配だ。郵政公社だって、民間企業の手足を縛る規制や法律がなくなれば、NTTと同じ道をたどることになるのかもしれない・・・?


日本の通信料は、まだまだ高いぞー!
「ブログランキング」

~~~~~~~ ~~~~~~

◆平成電電、電話加入権を最高3万6千円で買い取りへ
 〔日経新聞 2004年11月27日〕

 (抜粋)
 買い取りの対象は、平成電電に直接、基本料を納めているユーザー(直収電話利用者)で、3年以上契約するか、契約している法人と個人。法人の場合は一律3万6000円で、個人はADSL(非対称デジタル加入者線)も含めて月額利用料が4000円程度を上回る場合、3万6000円で加入権を買う。利用料が少なければ買い取り額は減らす。最低でも6000~7000円程度にはなる、という。 (買い取りは12月1日から)

◎上記の元記事が期限切れの場合は、下記へ跳んでください m(_ _)m
朝日新聞サイトより
[PR]
by rabbitfootmh | 2004-11-28 11:07 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite