二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「“脳死者”からの臓器提供は、家族が承諾して良いものか?」


「家族承諾で移植容認45%=法改正影響も、内閣府調査」

a0037706_1734791.gif23日に取り上げた「脳死・臓器移植」に関する、内閣府の世論調査の結果を報じたものだが、メディアによってまるで「正反対」のとらえ方がなされている。メディアもまだ、「脳死・臓器移植」を推進して良いのかどうか、迷っていると言えよう。

しかし、単純に考えても、「35.4%」という数字は、無視して良いものではないことは、常識で考えれば当り前のことではないのだろうか?


おかしいな、と思ったら、
ここ↓をクリックしてくだせぃ<<(_ _)>>
「ブログランキング」

~~~~~~~ ~~~~~~
◆内閣府世論調査:脳死での臓器提供 割れる国民意識
 〔毎日新聞 2004年10月23日 23時36分〕

 内閣府は23日、「臓器移植に関する世論調査」の結果を発表した。
本人の生前の意思表示がない場合に脳死での臓器提供を認めるか
どうかについて「家族の判断に委ねるべきだ」との回答が45.6%と
多数だったが、「本人の意思が確認できない限り提供を認めるべきで
ない」という回答も35.4%あり、
臓器移植に対する国民の意識が
割れていることをうかがわせる結果となった。
 (中略)
 臓器移植に関する調査は98年から2年ごとに実施。今回は8月
12~22日に全国の成人男女3000人を対象に面接で行われ、
2125人(70・8%)から回答を得た。
 (以下略)
[PR]
by rabbitfootmh | 2004-10-25 17:34 | 医療/生命倫理
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite