二条河原落書

rakusho.exblog.jp ブログトップ

「男性にない強みを発揮して、女性も活躍しよう」

a0037706_13263867.gif  「チャンスの(機会)平等」を与えられ、
男性も女性も等しく教育を受けられる国、
日本。発展途上国では、まだまだ学校にも
ゆけない女性が多いことを考えれば、日本
の女性はなんと幸福であることか。

それは同時に、国が女性に対して惜しみなく教育
投資をしているということなのだから、そうして与えられた恩恵を
社会に還元しないと「もったいない」というのは、その通りだと思う。
ただ、行き過ぎた「ジェンダーフリー」の思想によって、女性が男
性化することを求めるのではなく、「男性にない強みを発揮して、
女性もがんばってもらいたい」というのが、ゴーン・日産社長の言
であろう。

日本の大企業は「女性役員の比率が低い」という結果を短絡的に
受けて、「何でもいいから、とにかく女性の役員を増やそう」と考え
るとしたら、アホである。やはり、大企業の管理職・役員を務めら
れるだけの「器」を備えていなければ、企業にとってはもちろんの
こと、本人にとっても“不幸”な結果が引き起こされるに違いない。

高度情報化社会では、狩猟・農耕が重要な「仕事」であった時代
のように、マッチョな“筋力”は必要ではなくなってきている。肉体
ではなく、「頭脳(知恵)」の使い方の上手or下手が仕事力を決定
するようになってきているのだ。

それは、男女の別、老若の別を超えて、本人次第でいくらでも活躍
できる社会の到来を告げているように思われる。ボケさえしなけれ
ば、100歳でも「仕事」はできる。勉強をしっかりやれば、10代で
あっても、ベンチャー企業の「社長」になれる可能性だって拓かれ
てきているのだ。
「どうせ わたしなんか・・」とふてくされていないで、「わたしにだって
できる」と、日本人一人ひとりが、自分の底力を発揮してゆけば、
不況なぞすぐに吹っ飛ぶに違いない。



 ・第十九則「女性の部下を意識しない」参照

楽しんでいただけたなら、
ここ↓をクリックしてくだせぃ<<(_ _)>>
「ブログランキング」

~~~~~~~ ~~~~~~
◆ゴーン日産社長:「男にない強みある」 女性の活躍、呼び掛ける
 〔毎日新聞 2004年10月9日 東京朝刊〕

 ◇「企業の意思決定に女性がもっと加わって」

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長は8日、日本女子大(東京都
文京区)で「働く女性の潜在能力」をテーマに講演した。日本女子
大のほか津田塾大、東京女子大から集まった約700人の女子大生
に対し、ゴーン社長は「女性は男性よりもトレンドに敏感で、男に
はない強みがある。多様性を持つことは会社の強みであるし、女性
はもっと企業の意思決定に加わらないといけない」と活躍を呼びか
けた。
 (以下略)
--- --- --- --- ---
◆女性役員比率:日本は最下位、世界の大企業では1割
 〔毎日新聞 2004年10月9日 17時09分〕

 世界の大企業200社(売上高上位)の役員のうち女性の割合は
米国が17.5%と最も高く、日本は0.7%と大企業を多数抱え
る先進国中では最下位であることが、米国の非営利団体の調査で8
日、分かった。全体の女性役員の比率は10.4%。
(以下略)
[PR]
by rabbitfootmh | 2004-10-11 19:00 | 日本の社会問題
line

日々のニュースに辛口コメントを


by rabbitfootmh
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite